正しい「引用」の仕方について、くわしく解説

HOME > education > 正しい「引用」の仕方について、くわしく解説

中央会計のインターンシップでは、様々な人が作成した情報を収集、分析していただき、それらをコンテンツとして、ネットに公開していただきます。
その際、気をつけていただきたいのが、「著作権」です。

下記では、コンテンツ作成の上で必要になります、「引用」の仕方について解説していきます。

 

  1. 著作権ってなに?
  2. 著作権を侵害せずに「引用」するには
  3. 引用をする上でのルール
  4. 画像の使い方

1.著作権ってなに?

ネットを検索していると、自分のコンテンツ作成に利用したい情報やデータが溢れています。

それらにも、個別に情報を作成した人に「著作権」という権利が生じています。これらを無断で使用した場合、「差し止め請求」や「損害賠償請求」が認められており、また、故意に著作権侵害した者に対して、「懲役」や「罰金」の刑事罰が課されることがあります。

情報を使用する場合、「著作権」を侵害しないように、下記、ルールに従って、正しく「引用」していきましょう。

 

2.著作権を侵害せず「引用」するには

そもそも著作物を複製することに関して、法律で認められています。ただし、「私的使用のための複製」という制限がかかっています。

今回のインターンにおいては、ネット上にコンテンツを公開していただきますので、そのような場合、不特定多数に対して、公開するものになりますので、無断で複製利用することは、認められません。

ただし、著作権法第32条において、下記要件を満たした場合は、「引用」することができます。

  1. 公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われるものでなければならない。
  2. 国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が、一般に周知させることを目的として作成し、その著作の名義の下に公表する広報資料、調査統計資料、報告書その他これらに類する著作物は、説明の材料として新聞紙、雑誌その他の刊行物に転載することができる。
    ただし、これを禁止する旨の表示がある場合は、この限りでない。

したがって、公開されている著作物は、上記の要件を満たせば、無許可で使用しても大丈夫なのですが、今回のインターンにおいては商用利用となる可能性があるため、できる限り下記サイトからの引用をお願いいたします。

 

総務省統計局
http://www.stat.go.jp/index.htm

経済産業省
http://www.meti.go.jp/statistics/index.html

財務省貿易統計
http://www.customs.go.jp/kyotsu/rules.htm

 

3.引用をする上でのルール

引用を行う際の注意事項として

  • 他人の著作物を引用する必然性があること。
  • かぎ括弧をつけるなど、自分の著作物と引用部分とが区別されていること。
  • 自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること(自分の著作物が主体)
  • 出所の明示がなされていること。

上記の要件を満たした上で、正しく引用しましょう。

 

4.画像の使い方

文章やデータ等に著作権があるように、画像や動画にも権利があります。

例えば、画像を使用する場合

・撮影した人に対しては、「著作権」

・撮影された人に対しては、「肖像権」

があります。

これらの権利を侵害しないために、相手から許可のある画像を使用しましょう。

また、今回のインターンシップにおいては、商用利用可能な素材提供サイトの「fotlia」から画像を使用していただきます。

https://jp.fotolia.com/

 

中央会計のインターンシップの最終目標の一つとして、コンテンツを作成し、それを成果物として、不特定多数の方の目に触れるネット上に公開することにあります。せっかく作ったものが、「著作権侵害」で公開できないということにならないように、正しく「引用」し、コンテンツ作成しましょう。

また、コンテンツ作成の際は、信頼できるソースから情報を得ることを心がけましょう。

 


中央会計にエントリする