在住外国人に対する日本語教育の新規事業提案l17卒インターン

HOME > education > 在住外国人に対する日本語教育の新規事業提案l17卒インターン

今回の中央会計インターンシップでは、
教育事業を中心に、介護事業、語学事業等も行っている国内企業をモデルに
業界研究・企業研究を行い、新規事業の提案を行って頂きました。

インターンでした事

財務分析、取り上げる会社の市場分析、提案する事業に関する市場分析、新規事業提案

20160210中央会計インターンンシップ:チーム2 在住外国人に対する 日本語教育の新規事業提案 from KodaiSakamotoChuo

スライドの補足説明

特にありません。

インターンの 感想(学んだ事)

有価証券報告書を使った企業分析を学ぶことが出来ました。数字を使って事業を提案することにより、より提案に足しての説得力を高めることが出きました。市場分析を行うことでどんな需要があるのか、現在供給されていない部分はあるのか、その市場が抱えている問題点はあるのか、などを知ることができ、事業提案には不可欠な要素であることをを学ぶことができました。googleドライブの有効な使い方を知ることが出来ました。

インターンの 感想(難しかった事)

事業コストの算定するのが難しくうまく想定することが出来ず、収益の見通しを立てることがうまくできなかった。同業他社との差別点、優位点をうまく見出せず、当社がどのような戦略を打ち出さすべきかの提案が出来なかった。今回のインターンシップで学んだことは、今後の就職活動にも活かすことが出来ると思いました。

インターンの 感想(その他)

費用の想定や利益を出せるかどうかについての考察がなかなか進まず、十分に説得力のある提案が出来なかったです。これは反省点を洗い出し次に活かしていきたいです。「なぜ」を突き詰めることは、就職活動での自己アピールでも活かせると思います。

現在就活中の学生へ一言

中央会計のインターンシップは実践的な内容で多くのことを勉強することができます。「なぜそうなるのか」を突き詰めていくことによって問題の本質が見え、そこから解決策を考えることで説得力のある提案をすることができます。

2 在住外国人に対する 日本語教育の新規事業提案

兵庫県立大学 川崎美紀
関西外国語大学 O・Y
関西大学 W・M
神戸大学 H・S

 

※当コンテンツ内容は、インターンシップ参加学生の体験が目的である故、スライド資料を含め当該コンテンツに記載されている内容の確実性、信頼性、その他意見等を保証するものではありません。


中央会計にエントリする