月次決算と決算対策

HOME > 月次決算と決算対策

”会社の今”を正確に知る。それが黒字経営のカギです。だから選ばれる中央会計の「月次決算サービス」

月次決算サービスがあれば、具体的な経営判断をスピーディーかつ正確に下せます。

黒字や赤字、会社に残ってる資金などを月単位で把握できる資料をご提供。
これがあれば、「今、ここを抑えればもっとラクに資金が回る」「この部門が赤字を増やしている元凶だ」
などといった経営判断がスピーディーかつ正確に下せます。

月次決算で経営者・経営幹部が「数字に強く」なり「会社が強く」なります。

  • 数字は会計事務所に任せておけばいい。
  • 試算表は毎月出してる。
  • 細かい分析表ももらっているよ
  • 頭の中でだいたい分かっている。

大きな間違いです。
経営者が正確にスピーディーに”会社の今”を把握していなければ行動にうつせないのです。
お客様には真剣に数字と向き合って頂きます。
それだけで一気に経営に対する緊張感が高まります。
真剣に数字を学ぶ必要性に気がつきます。
通帳残高と資金繰り表だけで判断していたことが、いかに危険なことかがわかるからです。

図と面積で粗利益率が直感的に理解できる損益計算図

数字の羅列はわかりにくいものです。ましてや、何をどうすれば読み解けるのかも分からないはず。
「1,000万円売上がUPしたら、利益は?資金はどうなる?」瞬時に未来がイメージできます。

黒字なのに預金残高ゼロの不思議を解明するキャッシュフロー

資金管理で一番大切なのは、いかに銀行に頼らずに自力で資金を回していくかです。
「儲けた利益がどこに消えた」のかが一目でわかり、資金の流れが浮き彫りになります。

“会社の未来”が見えてくる決算対策。会計事務所によって納税額は変わります。だから選ばれる中央会計の「決算対策サービス」

企業が対外的に評価される重要なものに決算書があります。
決算対策とはこの決算書をお客様にとっていかに戦略的な道具へ変えるかの対策を考えることです。

節税を図ることだけが決算対策ではありません。

情報がありふれている現在、ただ単に節税を図るのではなく、お客様の未来(戦略)が見える決算書に仕上げていくそのためには決算月が過ぎてからではなく、決算月の3か月前よりお客様と入念な打ち合わせ(対策)を行い決算月にはお客様にとって無くてはならない道具として仕上げるサービスです。

決算対策には”優先順位”があるのがポイントです。
「利益が同じでも税金がこんなに変わる」のです。

  • 決算を締めてみないと黒字化赤字かわからない。
  • 言われるままに無駄な税金を払っていた。
  • 突然税金の額を伝えられた。
  • 利益が出たから節税したのに、お金がなくなった。

こんな馬鹿な話はありません。
お客様には「月次決算書」で常にキャッシュを意識しながら決算を迎えていただきます。
そして決算時には「戦略的決算対策」をご用意。
内容ボリューム共に充実した「決算対策チェックリスト」を活用すれば、黒字対策や来季を見据えての対策を講じる事ができます。
「利益が同じでも税金がこんなに変わる!」さらには、「同じ利益、同じ税金でも残るお金がこんなに変わる!」

そんな決算対策サービスを提供しています。

「お金を残す!決算対策」には優先順位がある節税チェックリスト

決算は”税務署や銀行のため”におこなうのではありません。
中央会計に蓄積されたノウハウを駆使し、3ヶ月前から決算内容を高精度に予測。
月次決算サービスが可能にした戦略的決算対策を講じます。

中央会計にエントリーする