公認会計士事務所からの転職|中谷 洸太

HOME > 公認会計士事務所からの転職|中谷 洸太
「定時帰宅をしています。仕事を計画通りに完了することは、自分との戦いです。」

2012年、転職で中央会計に入社。専門学校在学中に公認会計士の勉強を始め、まもなく資格取得予定。定時帰りが日課。

もくじ

  • 会社の将来像をしっかり社員に伝えている点に惹かれ入社
  • 自分に期待されていることが明確で働きやすい職場
  • 自分で考えて答えが出せる人にはとても成長できる場所

会社の将来像をしっかり社員に伝えている点に惹かれ入社

Q:中谷さんの転職のきっかけは何でしたか?

会計事務所に2年ほど勤めたころ「転職しては」と声がけされたことがきっかけで転職活動を始めました。

「士業」は、私の考えでは根底ではサラリーマンではなくて、「自分で稼ぐ職業」だと思っています。だから一つの事務所にこだわるよりも、色々な場所を経験して視野を広げたいと思い転職することにしました。

Q:中央会計に入社した決め手は?

中央会計に入社した決め手は?決め手は、会社のビジョンや経営計画をしっかり見せてくれたことです。以前の会社では経営計画はやっと作り出していた感じでしたが、中央会計では面接で経営計画を見せてくれたので「ちゃんとビジョンを持っていて、社員に伝えている会社なんだ」と思いました。

このことは「先を読んで動いている会社」ということでもあり、ここなら「組織として動く動き方を学べる」と思いました。
また、面接の時の私の発言に対し、面接官をしていた今の上司から厳しい指摘と学びを得たことも入社理由の一つです。一言で言うと、「自分視点でしか物事を考えられていないよ。」ということを指摘され、「組織人として物事を考える」ということを教えていただきました。

自分に期待されていることが明確で働きやすい職場

Q:実際に働いてみた感想を教えて下さい

自分に期待されていることが明確なので働きやすい職場だと思います。自分に期待されていることが明確なので働きやすい職場だと思います。
会社としてなんの為に、何を期待してこの人を採ったのかをちゃんと持っているので、中途で入ったとしても「なんか違うな」というのが少ないです。

例えば、入社したての頃、直属の上司が毎月1回面談をしてくれました。面談では「今年中に30件担当してもらうからね。会社はそれを期待して採ったからね。」と伝えてくれました。その後、中途で経験があるとはいえ、入社1ヶ月で8社の担当を任せてもらい、一人で訪問しても良いと言われたことは嬉しかったです。

また、中央会計では多くの場合、入社直後は総務・経理を担当します。しかし私はこれらはやらずにお客様の担当になりました。通常のルートじゃないので気が引けていましたが、「30件担当」という期待値があったので、気持ち的に楽でした。

このように経験があったり、自分で考えてやる人には、ちゃんとそれに応えて「成長のステージ」を用意してくれる会社なのだなと思いました。会社としてどう育てるのかちゃんと考えてくれているのをすごく感じます。

また、「自分がどう評価されているのか」、「どこが足りないのか」。そういうことを「飲み」ではなく「会議室」で言ってくれます。ここに会社の誠実さを感じています。「私のために言ってくれている。」と思うので、すごく嬉しいですし、やりやすい場所です。

自分で考えて答えが出せる人にはとても成長できる場所

Q:中央会計で働くことに興味を持っている人にメッセージをお願いします。

「教えてもらえる」というスタンスの人、「受身の人」は失敗すると思います。
逆に、調べて、自分の中でこれがベストだという答えを持って来る人は成功できると思います。自分で考えて答えが出せる人にはとても成長できる場所です。自己アピールすればチャンスも貰えます。

中央会計にエントリーする