簿記の知識もなく会計事務所に入社|会計コンサルタント 澤和樹

HOME > 簿記の知識もなく会計事務所に入社|会計コンサルタント 澤和樹
「IT・販促と、会計以外もガツガツ取組む忙しい会社です。売上・給料など、活動に応じた結果が出るから続けられます。」会計コンサルタント 澤和樹

澤 和樹。
入社時は問題児だったにも関わらず、3年目にはMVPを受賞。
「人の3倍働かないと追いつけないぞ!」と言われて3倍頑張る素直な心が一番の武器。
IT担当として会社の販促を牽引する、一人二役をこなすムードメーカー。

もくじ

  • 簿記の知識ゼロのまま、数字や計算が好きという理由で入社
  • 問題児として、社長と専務に監視されながらの勤務
  • 「人の3倍働け!」の言葉で奮起。月例テストで成長を始める
  • 会社の引越しでIT担当として大活躍し、MVPを受賞
  • 中央会計は忙しいけれど結果がついてくる会社

簿記の知識ゼロのまま、数字や計算が好きという理由で入社

澤さんの経歴を教えてください。

立命館大学政策科学部を卒業後、コンサートスタッフとして1年間アルバイトをし、2004年に中央会計に入社しました。
簿記の知識は全くありませんでしたが、数字や計算が好きだったので、自分に合っているだろうと思いました。

問題児として、社長と専務に監視されながらの勤務

澤さんは入社当初は問題児だったと聞いています。経営コンサルタントとして活躍されているので信じがたいのですが。

問題児だったというのは本当です。
入社すると総務経理を担当します。
簿記の知識も無いため、会計コンサルタントとしての仕事ができず、何と2年近く外回りに出してもらえませんでした。
席は、特別に指導が必要だからと社長と専務の間に挟まれており、席替えをしても私だけそのままで・・・
※現在は入社時研修があります。試験に合格したらお客様を担当します。

「人の3倍働け!」の言葉で奮起。月例テストで成長を始める

そんな、澤さんはどうやってスキルアップしたのですか?

「やるからには人の3倍はやらんと追いつけないぞ!」と言われたからです。
まず簿記を取れということで、簿記2級を取得しました。
その後は、毎月実施される会計や税に関する「月例テスト」・「月次決算書の説明方法」の発表会で良い成績を上げようと努力しました。
会計知識は自分で調べてから各分野の先輩に確認して習得しました。
そうするうちに、先輩からお客様を引き継ぎました。
今ではこれらのテストで良い成績を取れるようになりました。

お客様を担当した感想は?

「お客様とコミュニケーションをとることが仕事だったのか!」と気づきました。
最初は数字や計算をするのが仕事だと思って入社しました。
しかし、実際には経営のアドバイス・決算処理の方法・毎月の状況説明をするために、お客様の仕事に興味を持って接することが会計コンサルタントの仕事でした。

お客様の仕事に興味を持つことが大切なのですね。

はい。お客様が何を売っているのか、仕入先や取引条件を知らないと資金繰りについてアドバイスできません。
経理作業でも無駄があれば省くべきですが、お客様の作業工程を知らなければ対処不能です。

会社の引越しでIT担当として大活躍し、MVPを受賞

入社3年目にMVPを受賞したそうですが、受賞の決め手を教えて下さい。

2009年は会社の移転があり、新オフィスにIT設備を構築する仕事が評価されました。
LANの整備・ホームページの運営・新しい会計ソフトの導入などです。
以後、私は会社のIT担当としてUSTREAM公認スタジオの整備、ホームページやブログの設置を管理しています。

ところで、MVP受賞者には良いことがあるのですか?

はい。M&Aセンターの研修を兼ね、スペイン旅行に参加させてもらいました。
M&Aセンターは、東証1部上場の会計士・税理士出資のM&A仲介会社です。
規模の大きい事務所が登録しているのが特徴です。
スペイン旅行では、日本全国の優秀な税理士と交流し、旅行も楽しむことができました。
仕事の割合

中央会計は忙しいけれど結果がついてくる会社

最後に、就職活動中の方にメッセージをお願いします。

「やった分だけ結果がついてくる職場です。」「やった分だけ結果がついてくる職場です。」

私は特にITを担当していますが、中央会計では他にも無数のプロジェクトを行なっており、会計以外の仕事が盛りだくさんです。
その分忙しいのですが、お客様の件数・売上額・給料と右肩上がりです。
やった分だけ結果がついてくるので、面白い。
だからハードでも9年続けることができました。
もしあなたが未経験のため不安でも大丈夫です。
税額を報告するだけの仕事なら誰にでもできます。
それ以上の仕事をしましょう。
お客様の事業に興味を持ち、あらゆる場面でアドバイスできる会計コンサルタントになりたいという方は一緒に働きましょう。
中央会計にエントリーする