退職者の声

HOME > 退職者の声

阪本 昂大

sakamoto

中央会計について

皆さんそれぞれ会計事務所のイメージというのを少なからず持っているかと思いますが、中央会計の場合は一般的な会計事務所のイメージとは良い意味で違います。

例えば会計事務所の仕事のイメージは、会計事務所担当者と企業の経理や社長とのやりとりを行い進めるといったイメージの方が多いかと思います。中央会計の場合もそうなのですが、中央会計の特徴として「組織としてお客様と接する」事に大事にしており、ITを取り込んだコミュニケーションシステムにて、お客様企業の社長や経理担当者はもちろん、中央会計スタッフの上司を含めたグループでの対応を可能にしています。

また、社内でのやりとりもチャットを使用するなど、ITを積極的に取り入れており、それまでに持っていた紙ベースで閉鎖的な会計事務所のイメージとは正反対でした。

また、税務・会計だけではなく多くの優良な情報をお届けする為に、自社セミナールームを貸し出す事で様々なセミナーが開催されていたりします。一般的な会計事務所でそこまで手がけている所は少ないのでは無いでしょうか。そのおかげで、色々な情報に触れる機会があり、会計事務所の枠を超えた経験が出来ました。

中央会計で働いて得られたもの

中央会計での約3年間では多くを得られました。全部話していたらキリがないので、2つ挙げると、(1)専門知識、(2)責任感です。

私は未経験で中央会計に入社しましたが、中央会計には未経験者でも会計コンサルタントとして活躍出来る為の環境が整っています。会計税務の知識を習得する為の外部研修や、実際のお客様とのコミュニケーションを再現したロープレイング形式での研修など、担当者としてお客様の前に出るまでに必要最低限の知識を身につける事が出来る環境が用意されております。

また、毎月の全体研修やITを活用した情報共有など、知識を得る事が出来る機会が非常に多い印象があります。他の会計事務所で勤めた事は無いのですが、中央会計は知識を得る為の情報量が多くまたその情報へのアクセスが容易ですので、知識面での成長は早いと思います。

会計事務所である中央会計のお客様は企業です。そして、我々が提供するサービスは企業の意思決定に使用される情報の一つとなります。法定期限までに各種手続きを完了させる事はもちろんの事、お客様に正しい情報をいち早くお届けする事でお客様の経営に役立てて頂ける。

このような事から、企業の意思決定を左右し兼ねない情報を取り扱い、またそれを提供という事に誇りを持ちつつ、しっかりと責任感を持って業務に取り込むという事を学ばせて頂きました。どんな仕事でも責任感を持つ事は当たり前ですが、中央会計のような会計事務所の場合は特に、自分が取り扱うモノの重要さが把握しやすく意識し易いのではないかと思います。

会計事務所・会計コンサルならではの経験・技術を得られる事はもちろんの事、IT等を駆使している中央会計だからこそ得られる事も多い職場です。

過去に大学留学していた事もあり、中央会計で得た知識・経験を活かして、今後は国際税務等といった分野に挑戦していきます!

劉 暁音

中央会計で働いて得られたもの

【自信・成長、そして「ありがとう」の言葉】
中央会計の魅力の一つは、新入社員のサポート体制がしっかりしているところです。
入社してから放置するのではなく、ちゃんと面倒を見てくれているという実感があり、とても心が強かったです。
また、定期的な社内・社外研修などのサポート体制もあり、こういった環境の中で、自分のできる仕事が少しずつ増えていくので、自分自身成長してるなと感じますし、お客様の役に立てた時に「ありがとう、助かりました」の言葉も頂けてとてもやりがいも感じます。
私の場合は、入社当時まず総務・経理に配属になり、電話応対や先輩の業務をお手伝いしながら会計知識を得ていきました。
そのおかげか、すぐ全体像をつかめることになり、入社して2年も経たないうちに総務・経理の責任者になりました。
やっただけ成果が出ること、頑張るときっといいことがあります。
大量の専門知識を必要とされるこの業界では、厳しいこともたくさんありますが、コツコツ頑張れば、確実に昨日の自分よりは今日の自分が一歩ずつ前進・成長できる。
そして、その努力が誰かの為になれたときに、それが何よりの宝物だと思っています。

頼れる先輩・刺激し合える仲間

中央会計には若くて元気な社員が多いです。
仕事中は熱心にお客様の対応をしますし、休憩中は休憩中でいろいろ話をしたりと、みんな仕事にメリハリとつけて頑張っています。
わからないことがあって質問する時も、快く教えてくれる先輩がたくさんいらっしゃいます。
失敗したりしてへこみ気味な時も優しくフォローしていただけて、とても助かります。
もちろん厳しく指導されるときもあり、すぐに納得できなかった時もありましたが、私にも後輩ができて教育を行っていた頃に、初めて「教育って大変ですね。」と実感しました。
自分がその立場になったときに、はじめて当時の先輩方の大変さを分かったし、そして、その頃の厳しさこそが自分の人生の糧となり、丁寧の指導のおかげで、今の自分があることに気づきました。
みんなはいい意味で助け合い、刺激しあい、仕事仲間でもあり、良きライバルでもあります。

高山 寿恵

こんな体験してほしい

仕事を通じて喜びを感じて欲しいです。
私は中央会計の5年間、たくさんのことに挑戦することができました。
総務・経理、担当者、採用責任者など、初めて挑戦することばかりで、時には失敗してつまづいたり、自分との葛藤…いろいろありました。
しかし、中央会計の仕事は毎日のひとつひとつが全て、お客様へのサービスにつながっている責任ある仕事ばかりです。
会計だけではなく幅広い業務に携わることができ、やりがいを感じる仕事ばかりです。
だからこそ、
お客様に喜んで頂いた時、笑顔でお話頂いた時、喜びを感じます。
仲間に感謝された時、喜びを感じます。
次へのステップを踏み出した時、喜びを感じます。
入社されるみなさんには自分なりの喜びを感じながら仕事を楽しんでもらいたいなと思います。

残ったスタッフに向けて一言

中央会計のみなさんと過ごした毎日は私にとって大切な時間となりました。
新卒で入社し、右も左もわからない時には優しく丁寧に教えて頂き、私が壁にぶつかった時には親身に相談に乗って頂いてアドバイス頂き、元気をなくしている時には明るく声をかけて頂いたり、そっとコーヒーを差し出して頂いたり、仲間に支えられた5年間だったなと思います。
中央会計に入社し、最高の先輩や仲間に出会うことができました。
感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。
(また飲みに行きましょうね。)

小森 優美

中央会計について

私は、他の会計事務所から中央会計に来ました。
中央会計に入るまでの自分自身の中の会計事務所のイメージと言えば、『暗い、冷たい、仕事が終わるとまっすぐ帰宅する(勉強している人が多いというのもありますが。。。)』というものでした。しかし、中央会計に入社して、そのイメージが吹き飛びました。
面接時から他の会計事務所とは違っていたのですが、入社して驚いたことは、社員が明るい・オフィスがきれい・ITを活用しているということでした。
会計事務所とは思えないくらい活気があり、困っている人がいれば全員で助け合い、またお互いに競争しあうというとても良い会社でした。
平均年齢は比較的若いのですが、年齢層が幅広いので、私もよく上の方に助けて頂きました。
また、最新のITを活用しているというのも会計事務所では珍しいのではないかと思います。

こんな体験して欲しい

これから入社する方には、本当にいろいろな経験をして欲しいですね。
中央会計は、お客様の数も多く、その業種も幅広いため、様々な税務・会計はもちろんのこと多くの知識や経験が必要となります。
その反面、多くの社長様と接することができ、様々な話を聞くことができます。
ここでは、毎日が刺激の連続だと思います。
自ら考え、行動し、好奇心旺盛となることが必要です。
中小企業の社長様は、常に未来を見据えて経営されています。
そのような社長様の一番の相談相手となれる喜びを感じて仕事をしていって下さい。

中央会計にエントリーする