【研修制度】8月の月例研修を実施しました!

HOME > education > 【研修制度】8月の月例研修を実施しました!

こんにちは!中央会計の稲見です。

中央会計には、様々な研修プログラムがあります。

その一つに「月例研修」というものがあります。月例研修は、毎月第一木曜日に一日かけて研修を行います。

 

昨日、8月の月例研修を実施しました!内容は下記のとおりです。

 

8月の月例研修の内容

  • プレゼン
  • チーム研修
  • 税務調査報告
  • 元国税調査官による税務調査対策
  • 相続関係の新ツール発表

 

 

プレゼン

月例研修(プレゼン)

中央会計では、毎月、テーマを決めてプレゼン大会を実施しています。

プレゼンで良かった案については採用され、中央会計のサービス向上や業務効率の改善につながっています。

また、毎月、チームを決めてプレゼンすることで、人前で話す力の向上、会仲間とのコミュニケーションができます。

 

優勝チームには、本町の高級ホテル「セントレジス」でのランチもしくはディナーです!

ランチかディナーは内容によって決定されます。

 

今月のテーマは、法的リスクや経営的リスクから「お客様に提案してはいけない節税チェックリスト」でした。

 

チーム研修

 

月例研修(澤)

 

次は、チーム研修についてです。

中央会計では、現在4つのチームに分かれています。そのチームで1時間の研修を実施しています。

テーマから研修方法まで自由にチーム内で決めることができます。

毎月、時事問題から税法など、今中央会計に必要だと思われるテーマで研修が行われていきます。

 

税務調査報告

税務調査の内容について、共有していきます。

1人で経験できることには限界があります。1人が経験したことを会社全体に共有することで、成長スピードは何倍にもなります。

 

元国税調査官による税務調査対策

中央会計には、国税調査官として20年以上のキャリアをもつ仲間がいます。

元国税調査官として、気をつけないといけないポイントや税務調査での対応を講義してもらいました。

 

相続関係の新ツール発表

相続関係の提案や相談時に使える新ツールが発表されました。

今回、使い方についても講義してもらいましたので、これから実際に使用していきます。

どんなツールなのか?それは企業秘密です。

 

 


中央会計にエントリする